毛周期を理解して脱毛しよう。期間をあけない方法もある?

gf01a201501070100

毛周期を理解して脱毛しよう。期間をあけない方法もある?

ogiwara No Comment
脱毛期間 基礎知識

脱毛には「お手入れとお手入れの間の期間をある程度あけなければならない」という一般的なルールがあります。

この脱毛期間に大きくかかわっているのが毛周期です。つまり脱毛はこの毛周期をしっかりと理解して通う必要があるんですね。

今回はこの毛周期の説明と、脱毛期間をあけない方法を加えてご紹介します。

gf01a201501070100

毛周期ってなに?

毛周期とは一言でいうと「毛が伸びるサイクル」のこと。

毛はそれぞれ「にょきにょきと成長する期間」、「成長がストップし抜け落ちる期間」、「皮下で新しい毛を生やすために休む期間」を繰り返しています。この3つのステップをまとめて毛周期というんですね。

私たちから見るとすべて同じに見える毛も、実は1本1本異なるスピードで成長しているのです。

脱毛は毛周期にあわせて通うのがベスト!

ほとんどの脱毛サロンやクリニックでは、施術日と施術日の間を約2~3カ月あけるよう指示されます。ではなぜ脱毛はそんなに期間をあけて通わなければならないのでしょうか。

一般的な脱毛方法のレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は脱毛したい部分に光を当てることで毛を薄くしていく仕組みになっています。

しかしこの光は毛周期の3つのステップのうち、成長している期間の毛にしか作用しません。つまり抜けおちる期間の毛や、皮下で休んでいる期間の毛に光を当てても全く効果がないんですね。

そのため脱毛後またすぐに脱毛をしても、成長している毛にはすでに光を当てられている状態のため、2回目のお手入れは意味がなくなってしまいます。

抜けおちる毛や休んでいる毛が成長期に入るまでの時間が約2~3カ月。つまり、すべての毛が成長するのを待つために脱毛は期間をあけなければならないのです。

しかしこの毛周期、細かくいうと部位によって多少違いがあります

部位ごとの毛周期の目安

  • わき‥3~4カ月
  • 腕‥3~4カ月
  • 足‥4~5カ月
  • VIOライン‥1~2年

このように部位によって毛周期にはばらつきがあるため、毛が成長するまでかかる期間が全身すべて同じの2~3カ月というわけではありません。

そのため最初の何回かは2~3カ月ごとに通っていても途中から半年ほど期間をあけたりと、医師に勧められる通い方は部位によって異なります。

つまりサロンやクリニックで勧められたとおりに通うことが脱毛をいち早く完了させるコツなんですね。

どんどん脱毛に通いたい!期間をあけない方法

ここまでで「脱毛ではお手入れ間に2~3カ月の期間をあけるべきだ」ということは十分ご理解いただけたと思います。しかしわかっていても時間のあるうちにどんどん脱毛に通って、早く終わらせたいというのが本音ですよね。

そのため、ここからは脱毛期間をあけない(1カ月以内にする)方法をご紹介します。

脱毛ラボでフラッシュ脱毛

脱毛方法の中で特に人気なのがフラッシュ脱毛です。痛みも比較的少なく安全で、なによりリーズナブルなため脱毛初心者でも始めやすいのが特徴でしょう。

ですがこの方法で肌がツルツルになるためには、約20回前後のお手入れが必要になります。そのため毛周期に合わせ2カ月ごとに通ったとすると約2~3年もかかってしまうんですね。

しかし、この「フラッシュ脱毛は時間がかかる」というイメージをくつがえしたのが、今回オススメする脱毛ラボ。このサロンはフラッシュ脱毛を採用しているにもかかわらず、お手入れ間の期間を1カ月まで短くできるスピードコースがあるのです。

この短さのヒミツは脱毛ラボで受けることができるS.S.C美容脱毛という脱毛法にあります。

S.S.C美容脱毛とはフラッシュ脱毛の一種で、光を当てるときに脱毛ラボオリジナルのジェルを使う脱毛法です。肌への刺激が少ない分、通常1カ月に1回最短で2週間に1回、脱毛することができるんですね。

「フラッシュ脱毛をしたいが脱毛期間をあけたくない」という人には脱毛ラボのスピードコースをオススメします。

期間を全くあけずに通えるのは、ニードル脱毛だけ

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の他に、ニードル脱毛という方法があります。これは毛穴ひとつひとつに細い針を刺し、電気で毛根の細胞をこわす脱毛方法です。

ニードル脱毛では1回でお手入れした範囲の脱毛効果が十分に期待できます。そのため脱毛期間をあける必要がないんですね。

しかしこのニードル脱毛法、他の2つの脱毛方法に比べ一般化していません。

それは費用が高いことや、強い痛みが伴うこと、また1回に脱毛できる範囲が小さいため何度も通わなければならないなどの大きなデメリットがあるためです。

これらデメリットを考慮したうえで、「どうしても期間をあけずにどんどん脱毛に通いたい」という人はニードル脱毛をオススメします。

脱毛は毛周期に合わせて焦らず通おう!

8a8320b3e63e28fa78a52562639c0cbb_s

今回は毛周期の説明に加え、期間をあけない方法もご紹介しました。

しかし冒頭でも述べたように、ほとんどのサロンやクリニックでは毛周期に合わせ2~3カ月ごとに通うよう指示されるのが一般的です。

それでも「毛周期に合わせて通うのはやっぱりめんどくさい!」と思う方がいるでしょう。しかし考え方を変えれば、脱毛は焦らずマイペースに進めていくことができるものなのです。

また言うまでもなく、脱毛は始めないかぎり一生自分でムダ毛を剃らなければなりません。ですがいざ通い始めれば毛周期に合わせて通ったとしても、長くて2~3年でツルツルになれるんですね。

時間がかかるからと諦めるのでなく、気長に脱毛経過を楽しみましょう。

Leave a Reply