脱毛期間 部位ごと

gf01a201308221100

エピレの脱毛期間はどれくらい?部位別徹底検証

ogiwara No Comments

脱毛が身近になった今、どんどん知名度を増しているエピレ。とくにエピレの部分脱毛は人気が高く、テレビや雑誌などでもたくさん取りあげられています。

みなさんも、ローラさんとガチャピン・ムックが起用されたポップな広告を目にしたことがあるのではないでしょうか。

しかしいくら人気とはいえ、いざ通うとなると脱毛完了までにどのくらいの期間がかかるのか気になりますよね。

今回はエピレでツルツルになるまでの回数期間の目安を部位ごとにご紹介していきます。

gf01a201308221100

エピレの部位別!脱毛にかかる期間と回数

脱毛に通うとなると、とくに気になるのが脱毛期間ですよね。脱毛サロンで脱毛する場合、キレイになるまでにはだいたい2~3年かかるといわれいます。

満足度が高く、たくさんの方に支持されているエピレでもそれは同じ。完全にツルツルなるにはどの部位でも年単位の時間がかかってしまうんですね。

このように時間がかかるのは毛周期に合わせ2カ月に1回のペースで脱毛をするため。これは私たちの肌を守るためには仕方のないことなのです。

今回は「他のサロンと比べエピレはどのくらいの期間がかかるのか」をよりくわしく検証するため、エピレと同様に知名度の高いミュゼプラチナムと銀座カラーの脱毛期間も加えてご紹介します。

ワキ脱毛にかかる回数と期間

  • エピレ‥12~16回 (1年10カ月~2年4カ月)
  • ミュゼ‥15~18回 (2年4カ月~2年10カ月)
  • 銀座カラー‥10~12回 (1年6カ月~1年10カ月)

このようにワキはほかの部位に比べ、毛が濃く太い部位なのでどこのサロンでも多少時間がかかります。

しかしエピレのワキ脱毛では「回数・期間無制限の¥600コース」があるので脱毛初心者でもトライしやすいですよね。

VIO脱毛にかかる回数と期間

  • エピレ‥17~20回 (2年8カ月~3年2カ月)
  • ミュゼ‥14~18回 (2年2カ月~2年10カ月)
  • 銀座カラー‥14~16回 (2年2カ月~2年6カ月)

VIOの毛も太く濃いため、どこのサロンでも他の部位に比べ期間が必要。

とくにエピレでは痛みに弱いVIOのために、より弱いの光でのお手入れをおこなっています。そのためほかのサロンよりも回数が必要になってしまうんですね。

しかしVIOは脱毛効果を感じやすい部位でもあります。そのためいざ始めてしまえば自己処理もどんどんラクになり、毎回の脱毛が楽しみになってくるでしょう。

ひざ下(脚)脱毛にかかる期間

  • エピレ‥9~12回(1年4カ月~1年10カ月)
  • ミュゼ‥10~14回(1年8カ月~2年2カ月)
  • 銀座カラー‥9~12回(1年4カ月~1年10カ月)

ひざ下の毛はとくに個人差がでやすい部位。他の部位は人並みなのにふくらはぎだけは毛が濃い人も少なくありません。

しかし毛が濃い人でもムダ毛をきれいになるまでにかかる期間はだいたい2年足らず。そのため剛毛で悩んでいる人にはとくにオススメの部位です。

腕脱毛にかかる回数と期間

  • エピレ‥9~12回 (1年4カ月~1年10カ月)
  • ミュゼ‥8~12回 (1年2カ月~1年10カ月)
  • 銀座カラー‥8~10回 (1年2カ月~1年6カ月)

どのサロンでもだいたい1年半前後でムダ毛をキレイにすることができます。

自分でのお手入れが頻繁に必要なわりに、比較的短い期間でツルツルになれる腕脱毛。そのため脱毛するにはオススメな部位といえるでしょう。

全身脱毛にかかる回数と期間

  • エピレ‥16回~20回 (2年4カ月~3年2カ月)
  • ミュゼ‥14~18回 (2年2カ月~2年10カ月)
  • 銀座カラー‥12~15回 (1年10カ月~2年4カ月)

このようにどこのサロンでも部分脱毛とかかる期間にさほど差がない全身脱毛。

さらにエピレでは定期的にお得な全身脱毛プランもおこなっています。そのため「全身脱毛は時間もお金がかかるから」と諦めていた方はぜひエピレで全身ツルツルにしましょう。

脱毛を長引かせないために注目すべき「予約の取りやすさ」

ミュゼや銀座カラーと比較してわかったように、脱毛は長期戦。どこのサロンであっても脱毛期間に差はほとんどなく、2~3年かかるものなんですね。

また上記の脱毛期間の回数と期間は、以下の理由で前後することがあります。

  • もともと毛が濃い or 薄い
  • 生理でお手入れが先送りなる
  • 予約日に急に行けなくなる or 行きたくなくなる
  • 自分のあている時間に予約がいっぱい

理由が100%自分の都合の場合、みなさんも仕方ないとあきらめがつくでしょう。

ですが最後の「自分の空いている時間に予約がいっぱい」というのは予約のとりにくいサロンに非がありますよね。

このように知名度が高くたくさんの人が通う大手脱毛サロンでは、いくら店舗数が多くても予約がとれないことがしばしば。そうなると「2カ月に1回ペースで通いたいのに次の予約が4カ月先…」なんてことになりかねないんですね。

しかしエピレの最大の特徴は予約がとりやすいこと。「時間があるのに予約がとれない!」となやむ必要もないのです。

ここからはエピレの予約の取りやすさの秘訣をご紹介します。

エピレの予約のとりやすさの秘訣

契約したサロン以外でもお手入れできる!

エピレは、全国さまざまなところにサロンを展開しています。

しかしそれだけでなく、エピレは契約店舗以外でもお手入れできるのが特徴。「今日は仕事おわりに新宿店で」、「今日は外出ついでに渋谷店で」などと自分のスケジュールに合わせて店舗を選ぶことができるのです。

TBCに併設のエピレでもお手入れできる!

エピレはそれだけでも十分な店舗数がありますが、さらに大手エステサロンであるTBCに併設されていることがあります。

そのため万が一通いたいサロンで予約がいっぱいだったとしてもTBCで同じ契約コースでのお手入れを受けることができるのです。

店舗数、ベッド数がともに多いTBC。エピレとTBC、どちらでもお手入れ可能であれば、人の多い地域でも安心して通えますよね。

同じエリアに何店舗もある!

店舗が都心であればあるほどアクセスしやすく多くの人が利用するもの。そこでエピレが徹底しているのが同じエリアでの店舗数の増加です。

渋谷や新宿、池袋にも2店舗ずつあり、これにTBCもあわせると同じエリアにお手入れできる場所がいくつもあることになりますよね。

そのため予約をとるときには「新宿店では予約がいっぱいですが近くの新宿本店ならとれますよ」などの案内もしてくれます。とにかく予約をとっていただくというスタッフの姿勢が対応からもわかるのです。

忙しく、脱毛する時間がない人こそエピレで!

gf01c201501291500bwke1

上記でご紹介したエピレ脱毛でかかる回数と期間をまとめると以下のとおりです。

  • ワキ・・・12~16回 (1年10カ月~2年4カ月)
  • VIO・・・17~21回 (2年8カ月~3年4カ月)
  • 脚・・・9~12回 (1年4カ月~1年10カ月)
  • 腕・・・9~12回 (1年4カ月~1年10カ月)
  • 全身・・・16回~20回 (2年4カ月~3年2カ月)

このようにエピレではツルツルになるのに毛が薄い部位で1年半、毛が濃い部位で3年ほどかかります。そのため、「満足度が高いエピレでもこんなに時間がかかるんだ…」とがっかりした方もいるかもしれません。

しかし何度もいうように脱毛は長期戦。どこのサロンでもだいたい2~3年はかかるものなんですね。

だからこそ脱毛に通う時間がない忙しい人には、とにかく予約のとりやすいエピレがオススメなのです。

長い期間がかかるからと脱毛をあきらめていた人こそ、エピレで憧れのツルツル肌を目指しましょう。

gf01b201402230500

VIO脱毛でつるっつる!脱毛期間は?濃いめの人は時間がかかる?

ogiwara No Comments

「アンダーヘアの処理って難しくて一苦労…」

「昨日剃ったばかりなのにもう毛がチクチクしてかゆい…」

「カミソリでの手入れを重ねていたら黒ずんできた…」

自分ではでとくに手間のかかるVIOのムダ毛処理。頻繁な手入れが必要なうえにカミソリでの処理をつづけているとどんどん毛は濃くなっていってしまうんですよね。

そこでオススメなのが脱毛サロンやクリニックによるVIO脱毛。デリケートな部分だからこそプロにお願いしてキレイにしてしまいましょう。

しかしいざ脱毛するとなると気になってくるのが脱毛完了までの期間。いったい何回くらい通い、どれほどの期間がかかるのでしょうか。

今回はVIO脱毛で必要な回数と期間を徹底解説していきます。

gf01b201402230500

脱毛方法別!VIO脱毛にかかる回数と期間

脱毛を受けられる脱毛サロンとクリニック。この両者では受けられる脱毛法がことなります。

  • 脱毛サロン‥フラッシュ脱毛法
  • クリニック‥レーザー脱毛法

またこれらは脱毛完了にかかる期間にも違いがあるんですね。そのためここでは実際に通った人の口コミからそれぞれの方法でVIO脱毛にかかる回数と期間の目安をご紹介します。

さらにどちらの脱毛法であっても、次のお手入れ日は2~3か月後にするように勧められます。これは毛の生えるサイクルである毛周期にあわせて脱毛をおこなうためで、あけなければ脱毛の効果は全くなくなってしまいます。

そのためVIO脱毛に通うときはサロンとクリニック、どちらを選んでもお手入れ間を2~3カ月あけるようにしましょう。

脱毛期間を空けなければならない詳しい理由はこちら

サロンのフラッシュ脱毛でVIO脱毛にかかる回数と期間

ミュゼや銀座カラーなどの脱毛サロンでうけられるフラッシュ脱毛。この方法は強い光を脱毛したい部分にあて、毛根の細胞をこわす仕組みです。

しかし強いといっても他の方法よりは弱い光を使っているため、より安全で痛みの少ない脱毛法ともいえるんですね。

この脱毛サロンのフラッシュ脱毛に2カ月に1回のペースで通った場合かかる回数と期間の目安は以下のとおりです。

  • Vライン‥10~12回(1年半~1年10カ月)
  • Iライン‥14~16回(2年~2年4カ月)
  • Oライン‥14~16回(2年~2年4カ月)

VIO脱毛は一度にまとめてお手入れをするのが一般的です。そのため脱毛サロンではかかる期間はトータルで約2年~2年半ほど。また3カ月に1回のペースの場合や、生理でお手入れ日が先送りになることもあるため、長くて3年かかると考えておきましょう。

ツルツルになるまでに3年弱もかかる脱毛サロンでのフラッシュ脱毛。しかしこの脱毛サロンの魅力は早さよりも安さなんですね。

「そのため時間がかかっても、とにかく費用をおさえたい」という方に脱毛サロンでのフラッシュ脱毛をオススメします。

クリニックのレーザー脱毛でVIO脱毛にかかる回数と期間

湘南美容外科やアリシアクリニックなどのクリニックだけで受けられる脱毛法、それがレーザー脱毛です。毛をなくす仕組みはフラッシュ脱毛と変わりませんが、レーザー脱毛のほうが光の威力が強いという特徴があります。

そのためフラッシュ脱毛よりも短い期間で、より確実な効果がだせるんですね。

このクリニックでのレーザー脱毛に2カ月に1回のペースで通った場合、かかる回数と期間の目安は以下のとおりです。

  • Vライン‥6回(10カ月)
  • Iライン‥8~10回(1年2カ月~1年半)
  • Oライン‥8~10回(1年2カ月~1年半)

VIO脱毛がすべて完了するまでは1年半ほど。また3カ月に1回のペースである場合や生理などを考慮したとしても2年たらずでツルツルになれるでしょう。

このようにレーザー脱毛は光の照射が強い分、脱毛サロンの約2~3倍はやいスピードで脱毛を終わらせられるのです。

「そのため多少費用がかかってもより早く脱毛を完了させたい」という方にクリニックでのレーザー脱毛をオススメします。

毛が濃い人のVIO脱毛事情

VIOはとくに毛量に個人差がでる部分です。そのため「自分は他の人より剛毛なんじゃないか?」と思っている方も少なくないでしょう。

そんな方こそ、とくに不安に思うのが脱毛期間ですよね。「ふつうの人でも時間がかかるんだから私なんて何年かかることやら…」と疑問を抱くの当然です。

ここからは毛が濃い人のVIO脱毛にかかる期間などを詳しくみていきましょう。

毛が濃い人にかかる回数と期間

  • フラッシュ脱毛‥20~25回(3年2カ月~4年)
  • レーザー脱毛‥12~15回(1年10カ月~2年2カ月)

このように毛が濃い人は一般的な毛量の人に比べ、ツルツルになるまでに必要な回数は多くなってしまいます。具体的には約1.5倍ほどかかると考えたほうが良いでしょう。

しかし脱毛は単に毛減らすだけでなく、毛が濃い人特有の黒ずみもキレイにすることができます。そのためたとえ長い期間かかったとしても通う価値は絶対にあるのです。

毛が濃い人にはクリニックのレーザー脱毛がオススメ!

「自分はほかの人より剛毛だ!」そんな人には迷わずクリニックでのレーザー脱毛をオススメします。

その理由は、フラッシュ脱毛では期間が倍以上かかるだけでなく、まったく効果がでないこともあるためです。その点レーザー脱毛は光を医療レベルまであげれるため、いくら剛毛な方でも効果を感じることができるんですね。

ですがレーザー脱毛というと気になるのがその費用。たしかにレーザー脱毛はフラッシュ脱毛にくらべ費用が倍以上かかるところがほとんどです。

しかし毛の濃い人がフラッシュ脱毛を選んだ場合、「何度通っても効果がでず、結局レーザー脱毛に切りかえた」なんてケースも少なくありません。そうなるといくら効果がでなかったとはいえ、もともと通っていたフラッシュ脱毛のお金は払わなければならないため損したことになってしまいますよね。

ですので毛が濃い人にはより効果的なレーザー脱毛をオススメです。

VIOはとにかく脱毛効果を感じやすい!

gf01a201401210300

脱毛に通うことが一般的になった現代、とにかく人気を集めているVIO脱毛。

ですがなかには「思ったより時間がかかる…」とがっかりした方もいるかもしれません。VIOはとくに毛が濃く太い部位なので、完全にツルツルになるまでに他の部位よりも回数が必要なんですね。

しかしVIOは脱毛効果を感じやすい部位でもあります。毛が濃いと悩んでいる人ほど、どんどん毛が薄くなっていく経過が感じられ、脱毛に通うのが楽しみになるでしょう。

とにかく自分でやると手間のかかるVIOのムダ毛処理。プロの力に任せて脱毛経過を楽しみながらその手間からも解放されましょう。

N811_higewoijirudansei_TP_V

ひげ脱毛の期間を徹底解説!ツルツルにしたい方へ

ogiwara No Comments

夜遅くに帰ってきて疲れがとれていない翌朝も、驚くほど寝坊してしまった朝も、男の身だしなみとしてやらなければならないのがヒゲ剃りです。

なかには「毎日剃るのはもう面倒。いっそのこと脱毛でつるつるにしたい!」という方もいるでしょう。

しかしいまだに脱毛というと女性のほうが身近なもの。脱毛初心者の男性陣にとっては、いったいどのくらいの期間でヒゲが生えてこなくなるのか気になるところですよね。

今回は一般的なヒゲ脱毛法と脱毛完了までにかかる期間を徹底解説します。

N811_higewoijirudansei_TP_V

ヒゲ脱毛は長期戦!

ヒゲは脱毛の個人差がとても大きい部位です。

朝剃っても夕方には生えてきてしまう人、剃るとものすごく青くなってしまう人、毛は薄いが広く生えてしまう人などヒゲの悩みは人それぞれ。

しかしこれらすべての人にいえるのが、ヒゲ脱毛は1回では終わらないということです。ヒゲが生えてこなくなるまでにはある程度の回数を重ねなければなりません。

そうなると「どんどん通って早く脱毛を終わらせよう」と考える方もいるはず。しかしヒトの身体はそう簡単にはできていません。脱毛は毛周期にあわせて通う必要があるのです。

毛周期とは1本の毛が生えるサイクルのこと。毛はそれぞれ「にょきにょきと成長する期間」、「成長がストップしぬけ落ちる期間」、「新しい毛を生やすために休む期間」をくり返しています。

一般的な脱毛方法であるフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、成長している毛にしか効果がありません。そのためすべての毛が成長するのを待つために脱毛には時間がかかるのです。

1本の毛が生えるのにかかる時間は2~3カ月。つまり脱毛は施術日から次の施術まで約2~3カ月あける必要があります

ヒゲ脱毛には時間がかかることをまず理解しておきましょうね。

ヒゲは部位によって脱毛スピードが違う

一言でヒゲと言ってもあごやもみあげ、ほほや首など生えてくる箇所はさまざまですよね。その中でも鼻下と口下のヒゲはほかの部位よりも回数を重ねないときれいになりません

つまりそれ以外の毛ははじめの何回かの脱毛でキレイになる可能性が十分にあるのです。

すべてのヒゲをツルツルにするにはたしかに時間がかかるもの。しかし回数を重ねるたび、ヒゲ剃りをしなければならない範囲も少なくなっていくのでどんどん脱毛が楽しくなってくると思いますよ。

はじめから面倒だと決めつけずに気長に通いましょう。

一般的なヒゲ脱毛の脱毛方法と完了までの回数

ヒゲ脱毛ができる一般的な脱毛方法はレーザー脱毛フラッシュ脱毛ニードル脱毛の3つです。

次はそれぞれの脱毛方法の特徴や脱毛完了までかかる回数・期間を詳しくご紹介します。

短期間で脱毛を終わらせたい人にはレーザー脱毛がオススメ!

レーザー脱毛とはクリニックのみで受けられる脱毛方法の1つ。黒い毛にのみ反応する特殊なレーザーを毛に当てて、毛の再生力をこわす仕組みです。

施術してくれるのはお医者さんなので、敏感肌の人も安心して通うことができます。

レーザー脱毛での脱毛完了までの回数と期間の目安

  • 青ヒゲが目立たなくなる‥4回(6ヶ月)
  • ヒゲがだいぶ薄くなる‥5~6回(8~10ヶ月)
  • ツルツルになる‥10回(1年半)

フラッシュ脱毛に比べ、レーザーの光が強いため比較的少ない回数で脱毛を終わらせることができます。

目安としては脱毛5~6回目でヒゲはだいぶ薄くなり、ヒゲ剃りもだいぶ楽になるでしょう。この程度で満足できる方もいると思いますが、ツルツルになるためにはだいたい10回ほどの施術が必要です。

レーザー脱毛のデメリットとしては費用が最低でも7万円前後とフラッシュ脱毛よりは高いことが挙げられます。

しかしこの方法、ただ脱毛をするだけでなく、美肌効果にも期待できるのが強み。そのため「少し高くても短い期間でより美しく脱毛を完了させたい」という人にはレーザー脱毛をオススメします。

より安い価格で脱毛したい人にはフラッシュ脱毛がオススメ!

フラッシュ脱毛とはエステサロンで受けられる脱毛方法で、レーザーではなく光によって毛根のメラニンに働きかける仕組みです。

レーザー脱毛に比べ弱い光をあてるため、より安全で痛みの少ない方法といえます。

フラッシュ脱毛での脱毛完了までの回数と期間の目安

  • 青ヒゲが目立たなくなる‥7回(1年)
  • ヒゲがだいぶ薄くなる‥10回(1年半)
  • ツルツルになる‥20回(3年)

フラッシュ脱毛は痛みが少ない分、脱毛効果が低いのが特徴。そのため比較的に回数を重ねなければツルツルになりません

またこの方法は永久脱毛ではないため、効果に大きな個人差がでます。10回で満足できるほどキレイになることもあれば、20回通ってもまだ生えてくることもあるんですね。そのためフラッシュ脱毛の場合は回数無制限のエステサロンやクリニックを選ぶことが重要になります。

それでもこのフラッシュ脱毛、男性にはもっとも人気のある方法です。それは費用がとても安く初心者でも始めやすいことや、メンズエステの急速な普及などが理由でしょう。

「時間がかかっても、通いやすいメンズエステでリーズナブルに脱毛を完了させたい」という人にはフラッシュ脱毛をオススメします。

期間をあけずに脱毛に通いたい人にはニードル脱毛がオススメ!

ニードル脱毛とはクリニックのみで受けられる脱毛方法の1つ。毛穴ひとつひとつに極細の針をさし、電気で毛根の細胞をこわす仕組みです。

この方法では1回で施術した部分の脱毛効果が十分に期待できます。そのため脱毛期間をあける必要がなく、どんどん回数を重ねていくことが可能なんですね。

ニードル脱毛での脱毛完了までの回数と期間の目安

  • ヒゲ剃りが楽になる‥510時間(3ヶ月~6ヶ月)
  • ヒゲがだいぶ薄くなる‥1020時間(6ヶ月~1年)
  • ツルツルになる‥2040時間(12年半)

だいたいの目安として、すべてのヒゲがツルツルになるまでには20~40時間かかるといわれています。1度に脱毛できる範囲は限られているため、1回の施術が30分だとしたら最低でも40回は通うことになるでしょう。

脱毛に通うペースは人それぞれであるため、かかる期間ははっきり言えませんが、この方法でヒゲ脱毛した人はだいたい2年半ほどでツルツルになっています。

しかしこの方法、他の脱毛法に比べ、圧倒的に人気がありません。それは強い痛みを伴うことや、費用が他の2つの脱毛法よりずっと高いことが理由です。

そのため「痛くても、高くても、時間のあるときにどんどん脱毛に通いたい!」という人はニードル脱毛を選ぶとよいでしょう。

まずカウンセリングや体験に行ってみよう!

bsPAK75_dashsuru220140823111434

冒頭でも述べたように脱毛はいまだ女性のためのものというイメージがありますよね。しかし現在では男性専用の脱毛施設やキャンペーンも増え、男性も行きやすくなっているんです。

また「脱毛には時間やお金がかかる」と思われがちですが、毎朝ヒゲを剃る手間や、幾度と買いかえるシェーバー代を考えれば通ってみる価値は絶対にあります。

脱毛サロンやクリニックでは無料のカウンセリングやお試し価格で1回、施術を受けられるところがほとんどです。ヒゲ脱毛が少しでも気になる方は、一度サロンやクリニックに足を運んでみるといいでしょう

gf01a201409090900

脇脱毛で夏に備える!期間はどれくらい?

datsumogogogo No Comments

電車や海やプール、夏は脇の露出が一気に増える季節です。「もしかして見られてる?」とムダ毛の心配をする前に、脱毛でつるつるにしておきたい方も多いでしょう。

しかし脇に限らず、脱毛は1回で終わらないもの。いったいどのくらい期間がかかり、いつ頃始めるべきなのか気になりますよね。

今回は脇脱毛にかかる期間と早く終わらせるためのコツなどをご紹介します。

gf01a201409090900

脇脱毛にかかる回数と期間

一般的な脱毛方法には、クリニックで採用されているレーザー脱毛法とエステサロンで受けられるフラッシュ脱毛法の2つがあります。

レーザー脱毛法とは黒い毛にのみ反応する特殊なレーザーを毛に当てて、毛の再生力を壊す方法です。一方、フラッシュ脱毛とはレーザーでなく光によって毛根のメラニンに働きかける方法を指します。

ではこれらの方法は脱毛終了までどれくらいの期間がかかるのでしょうか。

脇脱毛に必要な回数と目安の期間

  • 医療(レーザー)脱毛‥4~6回(約1年)
  • エステ(フラッシュ)脱毛‥10~16回(約1半~2年半)

レーザー脱毛のほうが照射威力が強いため比較的少ない回数で脱毛を終わらせることが可能です。

しかしどちらの方法にせよ、脱毛終了までには1年以上かかってしまいます

そもそもなぜそんなに時間かかるの?

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛に共通して言えることが、どちらも1年以上脱毛に通わなければならないことです。

そうなると「どんどん通えば脱毛を早く終わらせられるじゃん」と思った方も多いはず。

ですがヒトの身体はそう簡単にできてはいません。脱毛は毛周期に合わせて通う必要があるのです。

毛はそれぞれ「にょきにょきと成長する期間」、「成長がストップし抜け落ちる期間」、「皮下で新しい毛を生やすために休む期間」を繰り返しています。一本一本同じに見える毛も、実は異なるスピードで成長しているのです。

レーザーやフラッシュは成長している期間の毛にしか効果がないため、すべての毛が成長するのを待つために脱毛には時間がかかってしまいます。

一本の毛が成長するまでにかかる時間は約2~3カ月。つまり脱毛は施術日から次の施術まで2~3カ月あけなければならないのです。

短期間にたくさん通えばいいというわけではないことを理解しておきましょうね。

自分に合った脇脱毛法を見つけよう!

ではクリニックでのレーザー脱毛とエステサロンでのフラッシュ脱毛、どちらで脇脱毛すべきなのでしょうか。

2つの方法の脇脱毛をする場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。

レーザー脱毛のメリット・デメリット

レーザー脱毛のメリット

  • 施術時間が短い
  • 照射の威力が強いため永久脱毛が可能
  • 痛みが心配な人には麻酔クリームも使用してもらえる
  • フラッシュ脱毛よりも少ない回数で脱毛を終わらせることができる
  • 医師や看護師など医療従事者のみが施術を行うため安全性が高い

レーザー脱毛は何といっても永久に毛が生えてこなくなることが特徴です。またお医者さんによる施術であるため、アトピーなどの敏感肌の人も安心して通うことができます。

レーザー脱毛のデメリット

  • 日焼けした肌には照射できない
  • メラニン色素が薄い毛(うぶ毛・白髪など)には効果が得られないこともある

これら2つのデメリットはフラッシュ脱毛にも同様に言えることであり、レーザー脱毛だけのデメリットではありません。

また、以前はレーザー脱毛の最も大きなデメリットとして料金が高いことが挙げられていました。しかし近年では価格競争などからレーザー脱毛の料金も大幅に下がっています

例えば湘南美容外科では5回の脱毛施術が1,000円、回数無制限であっても3,400円とかなりリーズナブルなのです。

フラッシュ脱毛のメリット・デメリット

フラッシュ脱毛のメリット

  • 痛みが少ない
  • 施術費が非常に安い
  • 光の波長が長いため火傷のリスクも少なく、レーザー脱毛より安全

このようにフラッシュ脱毛はレーザー脱毛に比べ安全であるため誰でも扱うことができます。そのためレーザー脱毛はクリニックで、フラッシュ脱毛はエステサロンで行えるのです。

また驚くほど安く脱毛に通えるため、初心者でも始めやすいというのも大きなメリットでしょう。

フラッシュ脱毛のデメリット

  • 永久脱毛とは認められていない(永遠に生えてこなくなるというわけではない)
  • 医療行為としてみなされないレベルの照射であるため、比較的脱毛効果が低い

フラッシュ脱毛は痛みが少ない分、脱毛効果も低いため、レーザー脱毛に比べ、多くの回数を重ねなければ脱毛は終了しません。そのため短い期間で完璧に脇をつるつるにしたいなら、レーザー脱毛をオススメします

また全身のどこの部位でも安く脱毛できるのがフラッシュ脱毛の特徴です。クリニックでのレーザー脱毛では脇に関しては安くなりましたが、他の部位はいまだ高額。ですので脇以外のあしや背中などの脱毛も今後やりたいと考えている人はフラッシュ脱毛を選ぶとよいでしょう。

2つの方法のメリット・デメリットをふまえ、自身の脱毛計画に合わせ脱毛方法を選ぶことが大切ですね。

脱毛を一日でも早く終わらせるコツ

日焼けをしない

日焼けをした状態で脱毛をすると、施術中の痛みが強くなったり、効果が薄れるなどの問題が生じます。また脱毛は日焼けによる肌の乾燥をひどくさせ、肌トラブルの原因にもなりうるのです。

これらを避けるため、クリニックやエステサロンでは日焼けをした状態では施術を受けさせてくれないところがほとんどなんですね。そうなると日焼けがある程度ひくまで待たなければならないので期間は一気に長引いてしまいます。

脇は日焼けしにくい部位ですが、充分に注意しましょうね。

自己処理は最低限控え、するときは電気シェーバーを使う

脱毛中は肌の刺激を抑えるためムダ毛の自己処理回数を抑えましょう

しかし夏などの露出する時期や脱毛施術前まで自己処理をするなというのは不可能な話。

脱毛期間中にどうしても自己処理をしたいときは電気シェーバーを使用してください。電気シェーバーは肌に直接刃が当たらないため最も優しい自己処理方法なのです。

肌になるべく負担をかけない

脱毛中は肌がとても乾燥していて敏感な状態。そのため少しの刺激で多くの肌トラブルを生じさせ、結果的に期間を長引かせてしまいます。

お風呂は38℃前後のぬるま湯で長風呂は避けましょう。

また乾燥対策として脇にもしっかりとボディークリームを塗り、保湿をすることが重要です。

次回の予約は脱毛施術後すぐにする

希望日に施術を予約するためには、当然他の人よりも先に予約をとる必要があります。

現在はネットで予約できるクリニックやサロンも増えているため、予定がしっかりわかってから予約をしようと考える人も多いはず。

しかし、人気のサロンやクリニックではタッチの差で予約が埋まってしまったなんてことも少なくありません。

「予定が入ったらキャンセルすればいい」くらいの気持ちで仮の日程でも予約しておくことが大切です。

最終手段はニードル脱毛!

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の他に、ニードル脱毛という方法があります。これは毛穴ひとつひとつに極細の針を挿入し、電気で毛根の細胞自体を破壊する脱毛方法です。

この方法では1回で施術した範囲の脱毛効果が十分に期待できます。そのため脱毛期間をあける必要がないのです。

しかしこのニードル脱毛法、他の2つの脱毛方法に比べ一般化していません。

それは施術費が高額であることや非常に強い痛みが伴うこと、また一回に脱毛できる範囲が小さいため何度も通わなければならないなどの大きなデメリットがあるためです。

これらデメリットを考慮したうえで、「どうしても期間をあけずにどんどん脱毛に通いたい」という人はニードル脱毛をオススメします。

脱毛スタートは秋冬がベスト!

bsN825_ko-towokitesorawomiageru

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛には最低でも1年の期間をみなければなりません。そのため「夏までにキレイにさせるためには1年前の夏に始めるべきなの?」と思った方もいるでしょう。

しかし脱毛は回数を重ねるごとに脱毛効果があがり、毛は確実に薄くなります。そのため秋冬に脱毛をスタートさせておけば夏にはつるつる肌になっている可能性が十分にあるのです。

さらに秋冬は露出が少ない季節。ムダ毛を伸ばしていても隠せることや、日焼けをする心配がないこともスタート時期としてベストな理由です。

素肌を隠せる秋冬に脱毛をスタートさせ、夏をつるっつるの脇で楽しみましょう。